女の人

稼げる投資マンションを購入するための知識|オーナーサポーター

滞納のリスクを解消

お札

家賃滞納の心配がある場合は、家賃保証を活用すると良いでしょう。家賃保証を利用すれば、入居者が家賃滞納した場合でも、保証会社が支払ってくれるので安心できます。借り上げ型と保証委託契約型では、サービス内容が変わります。

もっと読む

管理依頼の方法

インテリア

賃貸管理会社を利用するなら、さまざまな管理依頼方法について知っておくべきです。一般媒介や専任媒介などの入居者募集だけを依頼する方法もあれば、家賃集金も依頼するような集金管理専任媒介などもあります。

もっと読む

メリットと注意すべき点

スーツの男性

サブリースを利用することで、オーナーの負担やリスクを下げることができます。空室リスクや家賃滞納の不安から解放されるのです。ただ、家賃見直しや解約時の違約金などもあるので、注意しておいたほうが良いです。

もっと読む

チェックするポイント

集合住宅

投資マンションを購入するときは、築年数を確認しておいたほうが良いです。築年数が長ければば長いほど、設備は古くなりますし、耐震性も低くなります。日本は地震が多い国ですから、投資マンションを購入するときも、地震のことを頭に入れておく必要があります。せっかくローンを組んで購入した投資マンションも、すぐに地震で倒壊してしまっては意味がなくなってしまうからです。1981年以降は、新耐震基準で作られた地震に強いマンションなので、安心して購入することができます。不動産投資を始めている人はとても多いため、競争相手が多いことになります。その競争相手に勝つためには、駅から近い投資マンションを選んだほうが良いです。駅からの距離が10分以内の物件は、希少性が高いので、競争相手も少なくなるのです。物件価格は高くなってしまいますが、空室リスクは低く、競争相手が少ないというメリットがあります。

不動産投資を始めるときは、利益のことばかり考えてしまい方も多いですが、管理費や修繕積立金などの費用についてもしっかり知っておく必要があります。修繕積立金が安い物件でも、将来値上がりする可能性があります。不動産投資は、長期間続けるものなので、現状だけではなく将来のことも考えた上で投資マンションを選んだり運営をしたりすることが重要なのです。知識があれば、良い投資マンションを購入することができますし、投資も成功しやすくなります。