男の人

稼げる投資マンションを購入するための知識|オーナーサポーター

管理依頼の方法

インテリア

賃貸管理会社を活用すれば、オーナーの負担は大幅に減らすことができます。管理依頼方法もさまざまあるので、自分に合った方法で、依頼することができます。賃貸管理会社に客付けだけを依頼する方法を、一般媒介と言います。一般媒介では、賃貸管理会社は入居者募集だけを行ない、物件の管理はオーナー自身が行ないます。この方法法は、複数の賃貸管理会社に依頼することができるという特徴があります。そのため、社員が力を入れてくれないこともあるので注意したほうが良いです。1つの賃貸管理会社に入居者募集を依頼する方法を、専任媒介と言います。1つの会社に任せるので、信用関係を築きやすいですし、親身になって対応してくれます。集金管理や家賃管理なども行なってほしい場合は、集金管理専任媒介を利用すると良いでしょう。オーナー自身が家賃滞納に対応したり、退去時の清算をしたりする必要がなくなります。賃貸管理会社が、家賃を保証してくれる家賃保証タイプもあります。一括借り上げや家賃保証契約などを利用することによって、空室があったり、家賃が滞納したりした場合でも賃貸管理会社から賃料を受け取ることができます。

賃貸管理会社を利用するなら、物件がある地域の情報に詳しいかどうかをチェックしておいたほうが良いです。不動産投資は、長期間行なうものですから、20年後や30年後のことも考える必要があります。地域の動向や情勢に詳しいと、上手に対応してくれるので、安心して投資を進めることができます。