男の人

稼げる投資マンションを購入するための知識|オーナーサポーター

滞納のリスクを解消

お札

不動産投資を行なうことで、毎月安定した家賃収入を得ることができます。しかし、空室があったり、家賃滞納があったりすると収入はなくなってしまいます。それをサポートしてくれるのが、保証会社が提供しているサービスの家賃保証です。家賃保証を利用すれば、家賃の支払いが遅れたときでも、保証会社がオーナーの口座にしっかり家賃を振り込んでくれます。そして、保証会社が借主に家賃の回収を行なうのです。そのため、オーナーは手間をかけることなく、家賃収入を得ることができるのです。また、保証会社が督促をしても、滞納が続く場合は契約解除や訴訟なども行なってくれます。

家賃保証は、借り上げ型と保証委託契約型の2種類に分けることができます。借り上げ型とは、保証会社が物件の賃借人となって借り上げるというものです。そして、借り上げた物件を入居者に又貸しすることになります。この場合は、保証会社が賃料を支払い続けてくれるので、家賃滞納した場合でも、オーナーは家賃収入を得ることができます。借り上げ型の特徴は、家賃の回収だけではなく、賃貸借契約や管理、入居者の対応など全て行なってくれるということです。全ての業務を行なってくれるので、オーナーの負担を減らすことができます。それに対して、保証委託契約型とは、オーナーが持っている賃料債権を保証会社が保証するというものです。保証委託契約型では、入居者が家賃を滞納したときは、保証会社が立て替え払いをします。そして、入居者に家賃回収を行なうのです。家賃保証のサービスは便利ですが、種類によって特徴も変わってくるので、自分の投資方法に合ったものを選んだほうが良いです。